プロフィール

咲

Author:咲
お笑い大好き。
笑いがない日々なんて考えられない。
そんな管理人です。
お気軽にどぞ。
ツイッターも始めました。
「hibikore_saki」です。合わせてよろしくです。

最近の記事

検索フォーム

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ずっと見たかった『無知との遭遇』がついに上映!
しかも初日はジュニアさんとロッシーの舞台挨拶!!
これは行くしかないでしょ、という事で行って来ました。

ちょっと早めに行って並んだけど・・・そんなにみんな
早くから並ばないのね、とちょっとびっくり。
どれくらい来るかわかんなかったけど、もっとゆっくり行っても
入れたな・・・(泣)
暑い中待ってたので結構体力消耗しました。
午前中でよかったー!

中に入ったら前の方は記者席、という事で座れず。
お客さんは3列目くらいからでした。
まあ、前の方だと見づらそうだし・・・とそれなりの席の
真ん中に座れたので大満足☆☆☆

以下、多少のネタバレを含む感想。
あんまり内容書かないつもりですが、まだ見てない方はご遠慮下さい。
・・・大体ジュニアさんが語ってるとおりですけど←


先に映画を見てから舞台挨拶、ということで。
『無知との遭遇』を観ました。

合田監督とジュニアさんの事前打ち合わせの様子をはさみながら
“リアルどっきり”は進行。
そういう構成になってると思わなかったのでちょっとびっくり。
あれ無しで見たいな・・・とちょっと思ってしまった。
ぶっ続けでロッシーへのどっきりを見たかった。
でも内容は・・・後半号泣(泣)
ロッシー目線で見てしまうともう泣かずにはいられない!
改めてロッシーの純粋さを実感しました。
でもジュニアさん目線で見ると・・・笑わずにいられない←
ジュニアさん、笑うの堪えてる顔がもうおかしくておかしくて!
2つの楽しみ方があって面白かったです。
でもやっぱり最後の「ジュニアさん、行かんといてください!」は
号泣もんでした。
泣いて笑って、心が温かくなる映画でよかったです。

そして舞台挨拶。
ロッシーとジュニアさんが登場♪
司会の女性がタイトルを読むんだけど、サブタイトルの英語の発音が
良すぎてジュニアさんが2度見してました←
とにかく見ないで欲しい!とロッシーwww
出てきて一番最初に深いため息をついていたからね・・・。
演技でなく素だったので恥ずかしい、と。
だからこそいいんだと思いますけど・・・
ジュニアさんはこの映画を観たらみんなロッシーが好きになる、と。
確かにこの純粋さを見て嫌いになる人はなかなかいないと思います。
そしてジュニアさんが辛かったのは「笑わないこと」
NGの許されない、1本撮りの映画なので笑ったらお終い。
それがわかっているからこそ堪えてたけど・・・よく見ると笑ってたよね?←
他の人だったら気付くポイントが至るところにあったのにそれを全てクリアして
最後までだまされたロッシーに感謝ですwww
ジュニアさんが「ピース・ザ・コスモス!」って言うたびに盛り上がる会場。
「これ俺のギャグにしようかな?!」と言うほど←
でもこの映画を観てない人には伝わらないと思います・・・。
『無知との遭遇』のポスターを観て「行かんといてくださいのときかな?」と
つぶやいてるロッシーが可愛かったです!←
最後に挨拶が終わって舞台を降りるとき。
先に降りていくジュニアさんに向かって
「ジュニアさん!行かんといてください!」←
ロッシーからのパスに結構困った顔して「・・・行くよ」。
そこで「ピース・ザ・コスモス」やってほしかったですwww

簡単だけどこんな感じでした。
もっと話してたけどもう記憶にない・・・すみません。。。
でもジュニアさんがチハラトークで話したときから見たい!と思ってた
映画が観られて嬉しかったです。
まだやってるのでもう1回くらい見に行きたいな・・・と思います。
DVDになったら絶対買うね!
特典映像で未公開部分とかつけて欲しいな♪

<< 【10/18~10/24】千原兄弟出演情報☆ | ホーム | 7/31 やりすぎフェスタ2010 ピース班『試着室』 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。