プロフィール

咲

Author:咲
お笑い大好き。
笑いがない日々なんて考えられない。
そんな管理人です。
お気軽にどぞ。
ツイッターも始めました。
「hibikore_saki」です。合わせてよろしくです。

最近の記事

検索フォーム

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カナリアが客演で出演していたのと、花月でも脚本を
書いてる白坂さんの作品だったので参戦☆

千秋楽だけにしようか迷ったんだけど。
終演後のトークがあるのは平日だけだったのでつい
2回行ってしまった(笑)

中野で降りたのって初めてかも?
もちろん行ったことない劇場で不安だったんだけど。
地図どおりに行ったら着いたのでよかった☆

席は段差があって結構見やすい?
10時きっかりにつながってE列って何?って思ってたけど。
ある意味E列くらいが一番見やすかったから、そこから販売
したのかなー・・・なんて思ったり。

以下、感想など。
出演者の名前が一致しないのと、話がちょっと複雑だったので
細かいあらすじは省略。

簡単に書くと。
ある孤児院(でいいのかな?)の話。
主人公はそこで育って、1回巣立つも戻ってきて手伝ってる。
昔そこで育った子供たちがオトナになって、里帰りで戻ってくる。
いろいろな事情を背負って・・・。
結果。
みんなが昔のしがらみを解消して幸せになる話。

オムニバス方式?で同じ登場人物・設定の中で3つくらい
話があったかな?
2日間くらいの話なんだけど、スポット当てる人が変わってて。
最初はわからないことが多いんだけど。
主人公が誰かに語りかけるようなナレーションが入ったり。
でもそれはちゃんと後から明らかになっていって。
すごく話に引き込まれていった。
やっぱり花月よりはちゃんとしたお芝居だったなー。

カナリア2人はらしい役で。
ボンちゃんの役はなんだか東北ラブストーリーのときを
思い出した☆
おバカな金持ち(笑)
安達さんはやっぱり重要な役割で。
主人公と2人のシーンでは泣かされた・・・。
あの人ホント、演技うまいよね・・・。
役者さんとわちゃわちゃ絡むシーンでは楽しそうだった♪
でも、思いっきり叩くから痛そうだったわ。。。

トークライブ。
白坂さんとカナリア2人。
ボンちゃんの目が泳いでた、と指摘する安達さん。
「バタフライですよ!」
そして「ショッピングモール」が言えないボンちゃん。
この日は言えてたけど、前日まで「モビルスーツ」とか
言ってたらしい・・・。
おもしろがった役者さんたちに「モデルルーム」とか
「ショッキングピンク」とか吹き込まれてたとか。
どこでもいじられキャラのボンちゃん☆

千秋楽。
ラストシーンに出番がないはずのボンちゃんが登場(笑)
白坂さんも知らなかったらしく、びっくりしてた☆
でもかわいすぎてキュンキュンしたわ♪
自前タキシード!

がっつり役者さんと絡むことなんてあんまりないから
ちょっと不思議だったけど。
カナリアらしくてよかったんじゃないかなーなんて。
またいろんなトコに出て欲しい!
てか、このお芝居の主人公役の方にちょっときゅんってした(笑)
・・・これ以上守備範囲は広げられないので、もう見ることは
ないと思うけど。。。(泣)

<< 10/12 宮川大輔とケンドーコバヤシの楽しい時間~本日は原宿からお送り致します~ | ホーム | 10/11 べしゃり部 Vol.17 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。