プロフィール

咲

Author:咲
お笑い大好き。
笑いがない日々なんて考えられない。
そんな管理人です。
お気軽にどぞ。
ツイッターも始めました。
「hibikore_saki」です。合わせてよろしくです。

最近の記事

検索フォーム

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミックスナッツ以来のカナリア班。
でも純粋にカナリア班って多分放課後アゲイン以来だよね!?


久馬さんが脚本でアーム・マキパー・ピク兄が出演☆
これはもう楽しみにしないわけがないでしょう!!!
ちょうどお正月休みもあったし全部行きたかったけども。
・・・さすがにそれは無理。
というわけで3日の1回目と楽日を観劇。
3日は友達が最前ドセンターを当ててくれた♪♪
感謝!!!
楽日は外れたけど、一般でなんとか確保☆
よかったよかった!!!


公演近くなってから日替わりゲストが来ることを知る。
そーいや、前の年のニブゴ!班のときも日替わりゲストが
来てたっけ。
またトークするのかなー・・・なんて思ってたんだけど。。。


ちなみに楽日は仕事終わりで急いで花月へ。
お正月仕様?でいつもより開演が1時間早いとか・・・(泣)
猛ダッシュで行ってぎりぎりセーフ!!!
私が席に座るより先に暗転・・・。
ホントに危なかった・・・(泣)



以下、多少のネタバレを含む感想。


登場人物の役名をあんまり覚えてないので本名で。


<あらすじ>
安村は初めて正月特番を任されたディレクター。
ここで結果を残したい!!と放送作家・安達に協力を依頼。
安達は以前ユーラシアという漫才コンビを組んでいたが、
相方が番組中に不慮の事故で死亡。
その後放送作家に転身したのだった。
放送作家に転身なってからの彼の活躍は目覚しく、
数々の伝説のコーナーを世に送り天才放送作家の名を
欲しいままにしているのだった。


安村が担当する番組は『新春初笑い!笑って笑って60分』。
芸人数人が出てコーナーをする番組。
そのコーナーを安達が考えるも、出てくる案はおかしなものばかり。
あきれ果て、困り果てる安村。
放送が近づいても企画が決まらないことに不安を覚える芸人達。
そんな芸人達から安達に関するよくない噂を耳にする。
実は安達は自分で企画を書いていない。
ゴーストライターがいて、そいつに書かせている。
そして今、そいつに脅迫されて安達は借金まみれらしい・・・。
昔仕事した人も最近の安達はおかしい、と言ってるとか・・・。
安達の家を訪れていたときに一人の青年(ピクニック)が
訪ねてきていたことを思い出す安村。
その青年を見たとたんに機嫌が悪くなり「金は払ってるやろ!」
と安達は言っていた・・・。


放送日は近づくがやはりいい企画は出ない。
あまりの酷さに安村はついに安達に怒りをぶつける。
安達に盗作疑惑があることを告げ、もう安達には番組を
降りてもらう、と告げる。
その言葉を聴いて寂しげな表情を浮かべながら
「そうやな・・・」と立ち去る安達。。。


そこに現れるピクニック。
夜更けにも関わらず安達の家に行く、という。
また安達に金をもらいに行くのか?と安村。
すると、「逆です」
2人の関係は・・・???
実はピクニックは安達がコンビを組んでいた相方の息子。
安達の相方はとにかく天才で、ネタも全て書いていたし、
コーナーなんかも考えてノートに記していた。
その相方の死後、安達は相方の本名で放送作家デビューして
彼が書き残したコーナーを世に送り出していたのだった。
そして、その報酬の一部?を残された家族に渡していたのだった。
でも、相方の書いたコーナーも底をつき、最近は安達自身が
考えたもの。
そして、安達はボケ始めている・・・これ以上お金をもらうことは
出来ないから返しに行きたい、と語るピクニック。
驚きを隠せない安村。
自分の言動を恥、ピクニックと一緒に安達の家に行き、もう一度
一緒に番組を作ってもらうえるよう頼む、と決心。
そして安達に電話。
すると・・・電話中に倒れる安達!!!


病院に運ばれ事なきをえる。
付き添う2人。
目を覚ました安達はピクニックを見て、相方の名前を呼ぶ。
驚きながら否定するも聞いてない安達。
「オマエどこ行ってたんや・・・探してたんだぞ」
そこから2人の話をする。
相方は安達とコンビを組んでいなかったらもっと売れていた。
コンビ解散して放送作家になっていればもっと売れていた。
オマエはバカだ・・・。
でもな、オレは本当のことを言ったらずっとオレのそばにおって
欲しい。
どこにも行かないで欲しい。
なんか、オレオマエのこと忘れてしまいそうな気がする。
オマエはオレのこと覚えててくれ・・・。


涙ながらに語る安達・・・。


そして新年。
『初笑い!笑って笑って60分!』は歴代最高の視聴率をたたきだし
大成功で幕を下ろした。
しかし、それは安達の考えたコーナーではなかった・・・。
この番組の裏で伝説のコンビ「ユーラシア」が本当の意味で終わりを
迎えたことを、誰かに伝えたい・・・。


安達さんが言ってたけど、一言で言ったら
「悲しい話やなー」


お芝居の最初の方はただただ楽しい(笑)
なんかコントを見てるカンジ。
芝居をしてるのは安達さん・安・ピク兄で後のメンバーはほぼ
コントと言っても過言じゃない気がした(笑)
あらすじに書かなくても話の説明できるくらいだからね。。。
安が一番セリフが多くて、あんまりボケられない役だったかな?
でもすごく頑張ってた!
安達さんは着物で老人役。
・・・あの人ああいう役似合うよねー(笑)
なんか違和感がないのがさすがだわ。


ちなみに
ボンちゃんはピン芸人かな?
「笑って笑って60分」のMC役。
頑張って番組回してた(笑)
栗と長澤さんがコンビで「ゲラゲラトレイン」
栗が電車の被り物をしているというキャラ(笑)
行き先表示のとこが変わってておもしろかった。
「プライベート」とか「引き笑い」とか(笑)
つよしさんもピン芸人。
寿司キャラを押してる人(笑)
「東!西!東!西!おすし!うーん、大将ー!!」
ってネタ(爆)
AGEでも披露してた気がする・・・。
そしてゲストで来た人が「いたずらカメラ」だっけ?
なんかカメラがつくコンビ名として登場。
これにはびっくり。
まさかお芝居の中に入ると思ってなかったから。。。
結構がっつり出番あるからゲスト大変だったろうなー。
でも見てる方は毎回絶対違うから楽しいよね♪


物語の進行としては。
安達さんが安に企画を提案。
それを想像・・・というカンジで実際に芸人役の出演者が
演じてみる、と言うカンジ?
すごいおもしろかった♪
途中で安達さん・安も加わって大喜利コーナーが始まったりもして
楽しかった!
お芝居だって忘れる(笑)
正月早々笑って、でも最後はなんだか切なくなるお芝居だった。
最後に安達さんとピク兄でユーラシアをやってて。
それがなんとも言えない嬉しさと切なさがあったなー・・・。
ピク兄は安達さんに毎回かなり強くひっぱたかれてて嫌だったらしい。
ボンちゃんがエンドトークで「安達くんは(叩くの)下手だから」って言ってた(笑)


今までのお芝居とはちょっと違った感じだったけどおもしろかった!
ゲストががっつり役名あって芝居するって初めてだよね!?
なんかあんまり構えずに見られてよかった☆
最後はちょっと切ないけど。
でもすごく好きなお話だった。
またこんなカンジのお話みたいなー。

<< 1/10 にけつッ!観覧 | ホーム | 『放課後アゲイン』大阪公演決定! >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。